So-net無料ブログ作成
検索選択

2010-06-21

locamac40.jpg
HASSELBLAD 500C/M

アラーキーが言ってました。

『構図だ露出だ言ってるうちはまだまだだね。』

そしてこうも言ってました。

『大事なのは被写体との距離感だよ。』

最初は全く分からなかったアラーキーの写真も、今では何となく、微かに何かを感じれるようになりました。もちろん分かってなんかいないんでしょうが、アラーキーの写真も良いな〜、なんて思うようになりました(笑)

荒木経惟 トーキョーアルキ』

これを読み始めて結構経ちますが、今更ながら思います

天才アラーキーは、やっぱり天才だと(爆)




nice!(24)  コメント(6) 
共通テーマ:アート

nice! 24

コメント 6

ブラザーボブかきもと

アラーキーのレンズを割った67がかっこよいと思えるようになりました(*´д`*)
by ブラザーボブかきもと (2010-06-22 00:28) 

cjlewis

はい、私も彼は天才だと思います。
「距離感」ってこと考えると、
篠山紀信もとてつもなく天才だと思います。
by cjlewis (2010-06-22 10:38) 

ねね

大昔にアラーキーの『東京猫町』(他にも買いましたが)を買って、
ただの野良猫写真じゃないのは何故だろう?…と。
見ているうちに『被写体との距離感だぁ』と思ったことを、思い出しました。
それは、物理的な距離感じゃなくて
アラーキーと被写体とのメンタル的な距離感なんですよね…。
努力したところで出来ない業は、やっぱり天才。(´_`)
在るものを在るままに撮ることが、やっぱり一番難しい…。
by ねね (2010-06-22 10:41) 

PylorI

いいですね~♪
セガレちゃんとの距離感…

アラーキー…聞いた事はあったのですが…
先日のコメレスでチェックしました…
紀信より好きかも
被写体との距離感…
確かにそちらの方が優先順位高い…

父は土門拳を私に奨めます…
by PylorI (2010-06-22 11:35) 

kurocame

写真なんて基本、押せば写るんですから、どれだけ日々の暮らしの中で
あらゆる事象を感じ取っているか、って事なんじゃないかと思うのです。
その感じ方が天才的なんだろうなーと。露出や構図なんかは、とっくに
体に染み付いていて、感覚だけで写真を撮っていける。
そうなればもっと別次元の楽しさがやってくるんじゃないかと、
最近モチベーションの低い僕は考えたりしています(笑)
by kurocame (2010-06-22 14:39) 

150馬力

■ブラザーボブかきもとさん

私はアラーキーの服装が好きです(笑)
あのオッサン、超~お洒落だと思います♪


■cjlewisさん

篠山紀信の作品って見たことないんで、今度じっくり見てみます。

今回はアラーキーネタでしたが、
私が一番好きな写真家は植田正治さんです。


■ねねさん

なるほどですね~。

私の場合は、どう見えたか?どうのように感じたか?が、あっての距離感だと感じてます。

『天才』という形容の仕方は昔から嫌いなんですが、不思議とこの人は天才がしっくりきます(笑)


■PylorIさん

恥ずかしながら、私は紀信を知りません(笑)
土門 拳も今度チェック入れときます!!!


■kurocameさん

全くの同感です。

『何を見てるかじゃなくて、どう見えるかだ』

という昔目にしたセリフが思い出されました。


漫画ですけどね(笑)
by 150馬力 (2010-06-22 18:50) 

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。